福山市の情報ウェブサイト

話題

広島県に緊急事態宣言!初のステージ4(爆発的感染拡大)に引き上げ!緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の対象地域は?【新型コロナ】

2021年5月16日(日)から6月13日(日)までの4週間、広島県に緊急事態宣言がなされることが発表されました。

これは新型コロナウイルス感染症の拡大防止措置として行われるものですが、福山市・広島市は独自に緊急対処期間(5/7~6/6)を設けており、すでに実施中という状況ですが、さらに強い措置が求められています。

飲食店はもちろん、各施設の新型コロナ対策は昨年に比べて飛躍的に進んでおり、マスク・手洗い・三密回避についての意識も根付いてきており、それだけに「これ以上何ができるの?」という声や、「みんなコロナに慣れてしまっている」という声も出ています。

しかしながら広島県全域においての感染状況は、最も深刻といわれるステージ4(爆発的感染拡大)に引き上げられており、一部メディアでは東京や大阪での感染拡大の状況に酷似しているという見方もあるようです。

具体的な対策内容は15日に決定する見込みとのことですが、少なからず日常の過ごし方に影響は出てくると思いますので、考えられる準備は必要なのかもしれません。

そもそも緊急事態宣言とは何なのか?

『緊急事態宣言』とは、大規模災害やテロ・暴動などによって国家の運営が危機的状況になった時に、緊急事態に対応するために特別法を発令するための宣言です。

今回は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、『緊急事態宣言』が行われます。

具体的な対応としては、これまでイベントの自粛や、学校の臨時休校、店舗の時短営業、外出自粛等が行われてきました。

『緊急事態宣言』の対応については、対象となった都道府県の知事が決定することとなっており、今回の『緊急事態宣言』による具体的な対応については15日に決定する見込みということですが、酒類を扱う飲食店・カラオケ店への休業要請、大規模商業施設の時短・休業要請、その他緊急事態措置に伴った対応が取られるとのこと。

また休業等に協力された店舗に対しては協力金を予定しているとのこと。

現在の緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の対象地域は?

もともと、広島県には「まん延防止等重点措置」が出されるという話でしたが、結果的に、感染拡大の状況から一気に緊急事態宣言へとなりました。

その結果、現在(5/14)の緊急事態宣言の対象地域は次のようになります。

【緊急事態宣言の対象地域(9都道府県)】
東京、大阪、兵庫、京都、愛知、福岡、北海道、岡山、広島
※北海道、岡山、広島は5/16~

まん延防止等重点措置の適用地域(10県)
埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重、愛媛、沖縄、群馬、石川、熊本
※群馬、石川、熊本は5/16~

先週末、しれっと誕生日を迎えました(笑)来月はサイトの誕生日です♪

管理人 梅吉


掲載のご依頼はコチラです^^


掲載依頼をする

情報提供をする

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP